献血のバイトって血を抜くだけ??実は他にも色々な作業があります。

 

看護師の働く場所は病院だけではありません。看護師の資格を活かしながら様々な仕事をすることができるのです。その中の1つが献血のバイトです。ここでは看護師の献血のバイトについて紹介していきましょう。必見!!病院での夜勤バイトの平均時給 東京と大阪を比べてみた

 

【献血のバイトとは?!】

看護師の間で人気を集めているバイトの1つが献血のバイトです。この献血のバイトは献血ルームや献血車で働くのが一般的です。献血ルームは日本全国にあり夜勤などもありませんので働きやすい環境と言えるかもしれません。献血ルームは日勤のみで働きたい人におすすめの求人案件になります。
看護W2

【献血のバイトって採血だけではないの?】

献血のバイトでの作業は基本的には採血を行うことになります。採血装置は1種類ではなく3種類程度あるので採血キットのセットや操作手順をしっかりと覚える必要があります。看護師が献血のバイトで行う業務は採血装置の操作、さらには献血者の観察になります。献血者の中には、採血中に気分が優れなくなることもあるので、きちんと観察して変化はないかを確認しておく必要があります。

 

【Wワークにもおすすめの献血バイト】

献血バイトは採血がきちんとできる看護師であれば誰でもすることができます。また本業として別の医療機関で働いている看護師が休日を利用してWワークとして献血の仕事を掛け持ちしている看護師は少なくありません。献血車での仕事の場合は人が集まる地域のイベントなど単発的なものがほとんどです。土日祝日に仕事がある場合が多いので、土日祝日でも働ける人におすすめしたい求人案件です。
献血バイトを探したいのであれば看護師専門の転職サイトを利用してみましょう。看護師専門転職サイトでは全国47都道府県の看護師の求人案件をインターネット上ですぐに見ることができます。自分の条件に合った求人や献血や採血だけを行う求人など自分である程度条件を入れて検索することができるので非常に便利です。またWワークで仕事をしながら転職活動をする人にもおすすめです。